非常に地震が多い日本では、いつ、どのタイミングで地震が起こるか予測できません。不安定なプレートが起こす地震を予防することは不可能ですが、地震が起こったときの対策を講じることで、事故のリスクを軽減させることは可能です。
特に、大型家具であるタンスは、寝室に置かれていることも多く、就寝中に地震が起こった場合に転倒する危険性があるので注意しましょう。そこで、地震に備えてタンスの転倒を防止する方法を紹介します。

タンス置く場所を意識する


タンスを置く場所を工夫するだけで、万が一転倒した際の怪我のリスクや、転倒そのもののリスクを軽減できます。
タンスの転倒や、揺れによって動くことによる怪我を予防するためには、人が過ごす時間が長い場所に配置しないことが重要です。タンスは、寝室やリビング、ダイニングには配置しないようにしましょう。特に、寝ている時に地震が起こるとスピーディーに行動できないため、タンスが転倒した時に怪我をするだけでなく、命の危険もあります。
また、収納方法も工夫することがポイントです。下の段には重さのある物を入れ、上の段には物を入れないようにするか、軽い物だけを入れましょう。さらに、タンスの上にはインテリア小物を置かないといったことも重要です。どうしてもタンスを配置しなければならないのであれば、壁に付くように配置します。壁と一体化するように、DIYする方法も有効です。
しかし、引っ越しの予定があったり賃貸であったりする場合、家具を移動させなければならないため、壁に直接取り付けるのではなくタンスが動かないように転倒防止アイテムを使う方法が良いでしょう。ただし、確実に転倒を予防できるものではない点に注意が必要です。
これからタンスを購入する場合には、比較的高さがない、ロータイプのタンスを購入しましょう。タンスは、高さだけでなく置く場所を想像して、地震が起こった際にタンスが倒れるとどのような危険があるのか想像することが大切です。
また、屋外に避難しなければならない場合にタンスが邪魔にならない場所に置いてあるかどうかも重要であり、万が一タンスが倒れた際にドアを塞いでしまうといったことがないよう、扉の前や玄関の近くには置かないように注意しましょう。転倒しても、避難するのに邪魔にならない場所に移動させておくこともポイントです。

タンスの転倒防止アイテムを使ってリスクを軽減させる


地震が起こった際の転倒を防止するためであっても、現在使用しているタンスを含めた大型家具をすべて新しいものにしたり、作ったりするのは難しいといえます。
地震が起こった際にタンスが転倒しないよう防止するために、最も手軽な方法は転倒防止アイテムを使う方法です。ホームセンターやインターネット通販で購入できる主な転倒防止グッズを5つ見ていきましょう。

①チェーンタイプやベルトタイプの金具を使った転倒防止アイテム

チェーンタイプやベルトタイプの転倒防止アイテムは、タンスと壁にネジで金具を取り付け、チェーンやベルト、ワイヤーを使ってタンスを固定するアイテムです。チェーンやベルトであるため、取り付ける場所が比較的自由に決められることがメリットだといえます。
製品ごとに異なるものの、最大で1 m程度まで長さを調整できるタイプも販売されています。L字タイプの転倒防止アイテムは、金具の形状が固定されているため、タンスから離れた場所には取り付けられません。
しかし、チェーンタイプやベルトタイプは、家具から若干高い場所にある鴨居にも取り付けられることが魅力です。チェーンタイプ、ベルトタイプ、ワイヤータイプのいずれも使い方や機能は同等だといえます。

②L字タイプのタンス転倒防止アイテム

L字タイプの転倒防止アイテムは、金具がL字になっているものであり、壁とタンスの上の面をネジで止めることによって転倒を防止する商品です。鴨居や桟に固定できることがメリットであり、壁の内部にある桟を特定すする必要があります。
桟とは、縦と横の方向にある柱であり、桟を探し出せると、タンスのサイズを問わず壁に固定することが可能です。桟のある場所を特定するためには、設計図を確認するか、施工業者へ相談する方法があります。分からない場合は、ドライバーの柄を使って壁を軽く叩いて確認してみましょう。30~40cmに1本程度入っていることが一般的です。しかし、石膏ボードが使われている場合、桟が使用されていないケースも多いため、そもそも桟があるのかを確認する必要があるでしょう。
最も効果的であるとされるL字タイプの転倒防止アイテムは、固定はできるものの、壁がもろくなっているとL字金具ごと折れて外れてしまう場合がある点に注意が必要です。L字タイプの転倒防止アイテムを使用する場合には、壁の状態の確認と、しっかりと固定することの2点が重要だといえるでしょう。

③手軽に使えるストッパータイプの転倒防止アイテム

ストッパータイプの転倒防止アイテムは、タンスの前の部分に挟むことで、タンスを壁の方向へ斜めにするためのアイテムです。使用方法は非常にシンプルであり、若干傾いた状態に作られているシートを挟むだけで、タンスに傾斜をつけられます。ストッパータイプの転倒防止アイテムは、家具の転倒そのものを予防できるというよりも、「転倒しにくくする」ためのアイテムです。タンスの転倒予防のサポートをするためのものであると認識しておきましょう。
また、絨毯や畳といった柔らかい床の上で使用すると、あまり効果が得られない点にも注意が必要です。ストッパータイプの転倒防止アイテムは、他の商品と合わせて使うことが重要だといえます。
特に、ポールタイプと呼ばれる突っ張り棒のように使用する転倒防止アイテムと一緒に使うと、高い効果が期待できるでしょう。ストッパータイプの転倒防止アイテムはリーズナブルな価格で販売されており、手軽に使用できるので必ず利用したいアイテムだといえます。

④ポールタイプの転倒防止アイテム

突っ張り棒として販売されている商品は、そもそもタンスの転倒防止用商品ではなく、収納に活用するための商品です。お手洗いや洗面所、クローゼットといった狭い空間の壁同士に、突っ張るように設置することによって、収納空間を広げることが可能です。
突っ張り棒のシステムを活用した転倒防止アイテムとして、ポールタイプの商品が販売されています。ポールの長さをタンスと天井の長さに合うように調整するだけで、簡単に取り付けられるアイテムです。タンスや天井を傷つけることなく設置できることが魅力であり、賃貸でも安心して使用できます。
そのため、近年ではポールタイプのタンス転倒防止アイテムが最も人気を集めているのです。ただし、ベルトタイプやチェーンタイプ、L字金具タイプの転倒防止アイテムと比較すると、耐久性や転倒を予防できる確率は低い点がデメリットだといえます。

⑤粘着性のある転倒防止マットを敷く

粘着タイプのジェル状のマットタンスの下に敷いて、床との間に挟むようにして簡易的に接着するというアイテムです。大型で重さのあるタンスではなく 比較的軽量でコンパクトなタンスやロータイプのタンスに使用すると良いでしょう。マットはハサミで簡単に切れるものが多いので、タンスの大きさに合わせてカットして使用できる点が魅力です。

タンスの転倒予防グッズを活用して身の安全を守ろう


地震は、どのタイミングで来るか予想できません。しかし、一定期間に1度、大きな地震が起こっています。明日起こるかもしれない大きな地震に備えて、可能な限り早くタンスの転倒防止アイテムを取り入れましょう。