タンスを処分する際に注意すべきポイントや、タンスの処分方法を紹介します。タンスだけではなく、大型家具を処分する際の方法としても役立つので、基本的な注意点や方法を押さえておきましょう。

タンスを処分する方法その1:自分で対処する


自分で対処する方法は最も手間がかかりますが、費用を抑えられる点がメリットです。まず、ダンスは買い取ってもらうのか処分するのかを決めましょう。どちらにするのかを決めてから、粗大ゴミで出すか一般の燃えるゴミとして出すか、回収業者に依頼するか、専門のお店に買い取ってもらうための依頼をするかに分かれます。タンスは破損していなければリサイクルできるので状態によっては買い取ってもらう方法が有効です。

タンスを自治体で買取ってもらう場合

タンスといった大きなサイズの家具を運ぶためには、トラックを借りる必要があるでしょう。自宅にトラックがあれば良いですが、トラックがない場合にはおおよそ6000円でレンタルできます。自宅から運ぶための計画を立て、階段がある場合はクレーン車を利用するか分解して運び出すかを決めなければなりません。

タンスを粗大ゴミとして処分する場合

タンスを処分する際は、どのような素材で作られているかという点ではなく、サイズによって処分料金が異なります。自治体ごとで細かな規定には違いがありますが、多くのタンスは奥行き、幅、高さのうち、長い2つの辺の合計によって処分する際の料金が異なることが特徴です。自治体のホームページで詳細が掲載されているので確認しましょう。タンスは粗大ゴミであるため、通常の燃えるゴミとして処分する場合には細かく分解しなければなりません。
さらに、分解しても1回でゴミ収集業者が回収してくれるわけではないので、数回に分けてゴミを捨てる必要があります。タンスだけではなく、大型の家具を処分する場合には通常は粗大ゴミとして処分すべきであるという点を認識しておきましょう。ルールに沿って粗大ごみとして処分する際には、ゴミ処理券をコンビニもしくは郵便局で購入し、貼り付ける必要があります。
自治体のホームページや、電話で回収してもらう日時を決めて、当日定められた場所にタンスを持って行くという流れです。自治体ごとに料金、引き取り費用のほか、有料もしくは無料であるかといった点にも違いがあるので、詳細を確認しましょう。

タンスを処分する方法その2:回収業者に依頼をする


タンスの処分は、自分で行うのではなく業者に依頼するといった方法も有効です。業者の選び方や、料金の相場を紹介します。

タンスを処分する際の業者の選び方

タンスの処分を回収業者に依頼する場合、いくつかの業者に見積もりを依頼することが重要です。最も高い買取額を提示してくれる業者に依頼しましょう。ただし、運搬費用が別途必要であるといった場合もあるので、内訳をチェックすることが大切です。

回収業者にタンスの処分を依頼するメリットと注意点

タンスの処分を回収業者に依頼した場合、手間をかけず時間帯も決められるうえに、夜の時間帯でも回収してくれる業者も存在します。タンス以外にも処分したいものがあった場合、1度に処分できることがメリットです。回収だけではなく、買い取ってもらえるような状態の良いものであれば利益が出ます。
しかし、タンスを処分する目的だけで回収業者を依頼すると、粗大ごみとして捨てるよりも費用がかかる点に注意が必要です。タンスを処分する場合、およそ5,000円以上の料金がかかることが一般的であり、自宅の2階に行ったりクレーン車が必要であったりする場合は、別途費用が加算される可能性があります。

回収業者にタンスの引き取りを依頼するための手順

最初に回収業者を検索し、メールや電話で問い合わせと見積もりを依頼しましょう。実際に査定に来てもらったうえで、提案された回収料金で問題なければ契約します。買取できる状態の商品であれば、買取額をその場で支払ってもらうことが可能であり、その場で業者がタンスを回収するという流れです。また、製造メーカーがわかる場合、回収費用や買取金額の目安を事前に確認できる場合もあるので、各業者のサービスをチェックしてみましょう。

タンスを処分する方法その3:下取りに出す


タンスを処分したい場合、買った店舗で下取りをしてもらうといった方法も有効です。しかし、メリットとデメリットの両方があるので、ポイントをチェックしておきましょう。

販売店で行っているタンスの下取りとは

タンスを購入した際に、古くなったタンスを引き取る、下取りサービスを提供している店舗があります。基本的には店頭やウェブサイトで下取りサービスについて明記しているケースが多いですが、問い合わせをして詳細を確認しましょう。下取りサービスは、タンスだけではなく大型家具が全て対象となっているケースが多く、新しい商品と交換できる点は非常に便利です。

タンスを下取りに出すメリットと注意点

タンスを販売しているお店や通販サイトで引き取ってもらう方法は、手間がかからず新しく購入したタンスと古いタンスを交換するだけなので非常に簡単です。ただし、新しいタンスは不要であり、使っているタンスを処分したいだけという場合には利用できません。新しい商品を購入することが条件である点を認識しておきましょう。

タンスの処分方法その4:リサイクルショップに持ち込む


タンスを処分する際に、状態の良いものであれば買い取ってもらいたいと思う人が多いでしょう。利益を得られる可能性がある、リサイクルショップで買い取ってもらう方法や、メリットとデメリットについて紹介します。

リサイクルショップで買い取ってもらう流れとは

大手のリサイクルショップであれば店舗も広いため、タンスといった大きなサイズの家具であっても買い取ってもらえるでしょう。自宅に、タンスを運ぶためのトラックがあったりレンタルできたりするのであれば、店頭に持ち込んで買い取りを依頼します。基本的には鑑定士が在籍しているので、適正価格をつけてもらえることが魅力です。

リサイクルショップでタンスを処分するメリットと注意点

リサイクルショップは、多くの場合店舗があるので。タンスを査定してもらうために預けて、そのまま連絡が取れなくなるといったことはありません。店舗によっては、出張見積りを無料で行っているケースもあります。お金をかけずに処分できる方法として最も有効だといえるでしょう。しかし、買い取り価格は低いことが特徴であり、タンスの購入価格の1割程度が目安です。タンスを持ち込むのにも手間がかかるので、「値段をつけられない」といったことがないよう、あらかじめ問い合わせをしておく必要があるでしょう。

タンスを処分する際は処分か買取かを決めることが大切


タンスを処分する際には、買い取ってもらいたいのか、処分したいのか、新しいタンスを購入するのかなど、条件によって処分方法が異なります。タンスを捨てたい場合には粗大ごみや燃えるゴミとして捨てる方法が有効ですが、綺麗な状態のタンスはリサイクルショップに買い取ってもらうことによって利益を得られる可能性が高いです。自分や家族が納得できる処分方法で、タンスを処分しましょう。