Home 収納生活 おもちゃに最適!お洒落なインテリア収納

おもちゃに最適!お洒落なインテリア収納

by kuramag
52 views

収納アイテムを選ぶ際には、収納する物、収納アイテムを設置する場所を明確にしてから購入することが重要です。収納アイテムを配置する場所に最適なサイズの商品を探しましょう。さらに、配置する場所を決めておくことによって周辺に置いているインテリア、自宅の中の雰囲気のバランスを見ながら商品を選べることがメリットです。収納したい物をイメージすることによって、どのようなデザインのものが良いかも検討できるでしょう。そこで。おもちゃを収納する際におすすめの、インテリア要素の高い収納アイテムと選び方を紹介します。

おもちゃを効率的に収納する方法


押し入れやクローゼットなど、限られた空間を有効活用して、細かなおもちゃを収納しましょう。収納方法のポイントをチェックして、出し入れしやすい収納をすることが大切です。

押入れに収納する方法

押し入れに直接物を収納すると、積み重ねるようにして収納することになり上のスペースが有効活用できないケースが多いです。さらに、積み重ねることによって使用したい物を出し入れしにくく、来客時には扉を開けられないような乱雑な状態になる可能性があります。収納アイテムを使用しておもちゃといった細かな物をまとめることで、押し入れのデッドスペースも有効活用できるでしょう。

衣類用の収納アイテムを使う

衣類用の収納アイテムは、効率的におもちゃを収納するのに役立ちます。種類ごとに分けて収納したり、子供が2人以上いる場合にはそれぞれのおもちゃに分けて収納することも可能です。さらに、衣服用の収納アイテムは追加購入して積み重ねたり並べたりすることも可能であり、おもちゃが増えた場合にも便利でしょう。

ラックで見せる収納をする

色々な種類のおもちゃを見える場所に収納したいのであれば、ラックを使う方法が有効です。見える場所に収納することで、どこに物があるのかを一目で確認でき、スムーズに出し入れできるため片付けの時間も短縮できます。インテリア性の高い収納アイテムを使用するのも良いですが、見せる収納でおもちゃをインテリア小物のように飾る方法もおすすめです。

おもちゃの収納アイテムを選ぶ際のポイント


おもちゃを収納するためのインテリア性の高い収納アイテムを選ぶためには、サイズの採寸と収納ボックスのタイプを決めることから始めましょう。それぞれのポイントについて詳しく解説します。

サイズを計測する

収納アイテムを配置したい場所、クローゼットや押し入れ、リビングや子ども部屋のサイズを測りましょう。クローゼットの場合は、衣服を掛けている場所の下のスペースの横、奥行、高さの3点を図ります。また、クローゼットは扉の開け閉めも念頭に、蝶番にも注意が必要です。
押し入れは、開いた戸と内側を計測します。扉を開けた状態で柱から内側までを計測することがポイントであり、内部のサイズのみを計測すると収納アイテムを入れられない可能性があるため注意しましょう。高さは、上段と下段を計測し、実際に収納アイテムを配置する場所の奥行も計測します。

インテリア性の高い収納アイテムの種類

収納アイテムには、布製とプラスチック製、引き出しとファスナータイプなど様々な種類が販売されています。
例えば、クローゼットの下のデッドスペースや押し入れにおもちゃを収納するのであればプラスチックの引き出しタイプ、押し入れの天袋やクローゼットの上の棚に収納するのであれば布製のものなどが良いでしょう。隠す収納をする場合には、場所に適した種類を選びましょう。
さらに、一段のアイテムといくつかの引き出しが付いているアイテムが存在します。引き出しが付いている収納アイテムは沢山のおもちゃを収納できますが、引越しをしたり子供が大きくなりおもちゃの数が減ったりした場合に不便な場合があるため注意が必要です。引っ越しをして収納アイテムを配置する場所が変わる、子供の成長といったライフスタイルの変化に応じて、収納場所や収納する物の量が減っても対応できるよう、積み重ねて使用する種類の収納アイテムを選ぶのも良いでしょう。一段タイプの収納アイテムは、メーカーごとに何段まで積み重ね可能かが異なります。決められた数以上に積み重ねると変形したり、破損したりする危険性があるので注意書きを確認することが大切です。
さらに、経年劣化で変色したり割れたりすることも珍しくありません。長期間使用したいと考えている場合には、コストパフォーマンスも重視しましょう。
ほかにも、収納アイテムにはインテリア性が高くおしゃれなだけでなく、キャスターが付いており機能性が高いものも存在します。キャスターが付いている、もしくは別売りで付けることが可能なものであれば、掃除をする際に移動しやすく非常に便利です。キャスターを付ける予定の場合は、キャスターを付けた場合の高さを念頭にサイズを図る必要があります。

おもちゃの収納に適したアイテム4選


インテリア性に優れ、おしゃれで温かみがある収納アイテムを紹介します。子供らしさを意識した可愛らしい収納アイテムも良いですが、子供が成長し、おもちゃを収納しなくなった場合には衣服や小物類を収納できる商品を選ぶ方法が有効です。長期間使用することを目的に購入する場合、必然的に高品質な商品を選ぶことにつながります。高品質な収納アイテムであれば、部屋の雰囲気もおしゃれに演出してくれるでしょう。

個性的でアクセントになる収納アイテム


引用:rakuten.co.jp
6種類の無垢材を採用して作られたチェストであり、サイズが異なる数個の引き出しが付いていることが特徴です。使うのが楽しくなり、子供が自らおもちゃを片付けるきっかけにもなるでしょう。部屋のアクセントになり、子供が成長してからも十分に活躍してくれます。職人の手作りであるため、使う程に風合いが増し、個性も生まれることが魅力です。長期間使用できる収納アイテムを探している人に最適でしょう。

柔らかいカラーで子ども部屋に最適


引用:rakuten.co.jp
木材の温かみを演出でき、柔らかなカラーであるため部屋の雰囲気を明るく変化させる効果も期待できます。
本体は軽量であるため、掃除をする際や模様替えをする際、引越しすときにも移動させやすいでしょう。引き出しの形や容量が異なることで、様々な大きさのおもちゃを収納できます。

アンティークな雰囲気のチェスト


引用:amazon.co.jp
杉材と桐材を使って作られたチェストであり、アンティークな雰囲気が魅力です。非常にスタイリッシュですがナチュラルな印象を与えられるので、子供部屋に置いても不自然ではありません。子供が成長してからも使えるので、コストパフォーマンスは良いといえるでしょう。
アンティークな雰囲気は職人の手作業で作られており、手軽な価格でインテリア性の高い収納アイテムを取り入れられます。

可愛さ重視の人におすすめのチェスト


引用:amazon.co.jp
アンティーク調の収納アイテムを探しているものの、可愛さも重視したいという人に最適な収納アイテムです。可愛らしすぎないデザインであり、女の子の部屋に最適でしょう。ホワイトと淡いブルーのカラーで、シンプルすぎないことも魅力です。

おもちゃもお洒落に収納しよう


インテリア性の高い収納アイテムは、小物類やアクセサリーといった大人が使用する物だけではなく、子供のおもちゃを収納するのにも活用できます。長期間使用できる、こだわりの収納アイテムを選びましょう。

関連記事