Home 収納生活 インテリア性の高いおしゃれ収納棚の活用法

インテリア性の高いおしゃれ収納棚の活用法

by kuramag
61 views

収納棚の活用法と、おすすめの収納棚を3つ紹介します。それぞれのポイントを押さえて、自分好みのデザインの商品を選びましょう。

インテリア性の高いおしゃれな収納棚を選ぶ際のポイント


収納棚を選ぶ際に重要な3つのポイントについて解説します。

サイズを確認する

収納棚を置きたい場所や収納する物に適したサイズの収納棚を選ぶことが重要です。収納棚については外寸を確認しましょう。

インテリア要素の高いデザインかどうか

サイズや収納容量が非常に重要ですが、寝室やリビング、自室に置く収納棚はデザイン性も非常に重要です。カーテンやダイニングテーブル、壁の色や他のインテリアとのデザイン性のバランスが良いかどうかを確認する必要があります。落ち着いた印象にしたい場合にはブラックやブラウン、清潔感を重視したいのであればホワイトなど、他のインテリアと自分の好みを合わせてデザインが気に入るものを選びましょう。

収納容量が重要

インテリア要素があり気に入るデザインであっても、収納容量が少なければ想像しているよりも物が収納できず不便に感じる場合があるでしょう。そのため、たくさんの物を収納したり飾ったりできる収納棚を選ぶことが重要です。ただし、自宅にある物の量に合わせることが大切であり、収納スペースが余ると不要な物を購入したり収納したりといった無駄使いにつながるため注意しましょう。

場所ごとの収納棚活用方法


自宅の中の場所ごとに、収納棚を使って整理整頓するためのコツを紹介します。特に細かな物が多く、整理整頓できず散らかりがちなクローゼットの中、キッチン、洗面所について見ていきましょう。

クローゼット内部に収納棚を設置する場合の整頓方法

クローゼットの中に収納棚を設置して物を収納する場合には、棚の上は奥と手前に使い分けることがポイントです。クローゼットの空間を手前と奥で使い分けることによって、効率的に物を収納できます。奥には使用頻度が低い物やシーズンオフの衣類、手前には使用頻度が高い物を収納することによって、空間を有効活用できるでしょう。シーズンオフの布団は圧縮袋に入れたうえで棚の下にの奥に入れると。効率的に整理整頓できます。棚を使うことによって空間を上下にも分けられるので下に物を積み重ねて収納するよりも探している物を取り出しやすくなることがメリットです。使用頻度が高い物は出し入れしやすい位置に収納しましょう。また、棚の上や棚の下に収納ボックスや引き出しタイプの収納アイテムを置いて、小物類を収納する方法も有効です。
引き出しの中には市販されている仕切りを使って小物類を収納すれば、引き出しの中が乱雑にならず物を探しやすいでしょう。空間を立体的に使うためにも、収納棚を使用すると便利です。収納棚の下の段にはキャスターが付いている収納ボックスやチェストなどを入れて活用します。奥に収納したものを出し入れする際に便利であり、キャスターが付いていれば掃除もしやすくなるでしょう。

キッチンに収納棚を取り入れる際のポイント

キッチンは物が多く、整理整頓するのが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。まずは、流し台の下に小さな収納棚を積み重ねてクローゼットと同様に空間を仕切ることが重要です。
また、下の段はしゃがまなければ物を取れない場所であるため、使用頻度が高いものは収納しないこともポイントだといえます。流しの下に収納する物は洗剤やスポンジなどが良いでしょう。
電子レンジやガスコンロの周辺は非常に汚れやすい場所であるため、物を置いたままにしないことが重要です。そのため、収納は置かないようにしましょう。フライパンや鍋は積み重ねて収納しているケースが多いですが、取り出しやすさを考えると収納棚に書類ケースを並べ立てて収納する方法が有効です。縦に収納することで取り出しやすく、整理整頓された印象を与えられます。

細かな物が多い水回りにも収納棚が最適

洗面所や洗濯機周辺といった水回りは、細かな物が多いことが特徴です。トイレの収納については清潔に保ちながらスペースを維持するために、消耗品を直接床に置くのはやめましょう。収納スペースを確保できない場合には、収納棚を取り入れ、収納ボックスやカゴも併用してまとめることが重要です。
洗濯機周辺も収納スペースが少ないため、収納棚や収納ボックスを合わせて活用し、洗濯 時に使用するハンガーやタオルなども収納しましょう。洗面台部分は家族の人数によって異なるものの、収納が少ないので家族全員の物を置けないというケースも多いでしょう。そのため、スリムタイプの収納棚のなどを活用し、隙間を有効活用して物を整理整頓しましょう。

インテリア性の高いおしゃれな収納棚3選


インテリア性が高く、おしゃれな収納棚は沢山販売されています。しかし、自分の自宅に適した製品や、どのようなデザインが好みなのか、イメージできないという人も多いのではないでしょうか。そこで、インテリア性が高くいしゃれな収納棚を3つ紹介します。デザインや特徴を確認し、参考にして購入する収納棚を決めましょう。

リビングに最適なナチュラルデザインの 収納棚


引用:low-ya.com

インテリア要素が非常に高い木目調のデザインで、 ポール部分はブラックであるためシックな印象も与えられます。耐荷重はおよそ20 kgであり、リビングで見せる収納をするのに適しているといえるでしょう。
クロス上の器具で補強されているのでスチールが歪みにくく、地震の際の衝撃も軽減 されるため安心して使用できます。ネジで組み立てますが目立たない部分にネジ穴があるので、おしゃれなデザインの見た目にこだわりたい人にも最適です。

隙間収納に最適な収納棚


引用:amazon.co.jp

隙間の有効活用に最適な収納で、棚柱の部分は樹脂でできており軽いことが特徴ですが、耐荷重は10 kg と洗面所やキッチンの小物類を収納するのには十分だといえます。ねじって組み立てるだけであり素材そのものが軽いので、女性でも簡単に組み立てられるでしょう。狭いスペースや、一人暮らしの自宅で物を収納したい場合に最適なアイテムです。
高さは77 CM、奥行きは30 CM とスリムであり圧迫感がなく派手なデザインではないので、他のインテリアや部屋の雰囲気にもなじみやすいでしょう。天版部分は丸く加工されているので、ブラックとブラック一色できていますが 柔らかい印象も与えられます。また、角が丸いため安全性も高いといえます。

最もポピュラーな収納棚


引用:amazon.co.jp

自宅やオフィスなど様々な場所で活用されている収納棚として、最もスタンダードなタイプだといえます。防サビ加工が施されているため長期間綺麗な状態に使用でき、幅と高さは2種類から選べることがポイントです。キャスターが付いているので、簡単に移動できるでしょう。天板の耐荷重が80kgと重い物を乗せることも可能であり、 デザインが非常にシンプルなため自分好みにアレンジしやすいことも魅力です。

収納棚を使って収納スペースを活用しよう


収納棚には、もともとデザイン性の高いおしゃれな製品やシンプルな製品など様々な種類があります。デザイン性の高い製品はそのまま置くだけで活用できることがメリットです。しかし、シンプルな製品は自分でDIYをしたり、収納ボックスといった他のアイテムと組み合わせたりといったアレンジができることが魅力だといえます。どのような収納棚が好みか、自宅に適しているか、収納する物の量も合わせて選びましょう。

関連記事