Home 収納生活 和室に最適なインテリア収納の選び方

和室に最適なインテリア収納の選び方

by kuramag
89 views

インテリア収納や家具については、素材やカラーが統一されていることによって統一感が生まれ、まとまりのある印象を与えられます。素材やカラー、デザインは、自分の好みのもので統一すると良いでしょう。特に、大型のインテリア収納や家具を簡単に買い直せるものではないため、購入する前に自分の好みを明確にしておくことが非常に重要です。
同じデザインのインテリア収納や家具であっても、カラーが異なるだけで雰囲気をが大きく異なります。ホームセンターやインテリア専門店、通販サイトで自分の好みを明確にする方法も良いでしょう。

置く場所と収納するものを確認してから購入する


和室に置くインテリア収納アイテムは、収納する物の量や、どの場所に置くのかを確認したうえで購入しましょう。置く場所を明確にしなければ、サイズが測れず漠然としたイメージで購入することになり、サイズが合わないため使い勝手が悪いといったトラブルが起こる可能性があります。サイズを測れば周囲の家具との色や素材のバランスも見ながら購入できるため、統一感のあるインテリアになるでしょう。

インテリア要素のある収納アイテムの取り入れ方


和室に置くインテリア収納にはいくつかの種類があるため、それぞれ収納アイテムの特徴を押さえてどの商品を購入すべきなのかを検討することが大切です。そこで、収納アイテムの種類と特徴について紹介します。

和室に置くテレビ台の収納について

テレビ台を使用せず、テレビを畳の上に置いて周辺にDVDプレーヤーやコードが置いてあるというケースも多いのではないでしょうか。しかし、テレビ台を活用することによって、テレビ周辺を整理整頓しやすくなりやすくなることが特徴です。また、テレビ台は収納アイテムとしての機能も兼ね備えているので、DVDやコード類をまとめて収納するためにも便利でしょう。

DVDやCD の収納について

DVD やブルーレイ、CDなどが増えると整理整頓しにくくなるため、オーディオ収納アイテムを使用しましょう。たくさんの DVD やブルーレイを収納できることはもちろん、探しやすくなることもメリットです。

和室に壁面収納を取り付けよう

和室は、タンスといった収納アイテムを使用することが一般的ですが、壁の部分も収納場所として活用しましょう。使用頻度が低い物は上段に収納し、頻繁に使用する物は手が届きやすい場所、子供の物は一番下の段など、壁面を活用することで収納量を増やせます。

和室に置くインテリア性の高い本棚について

本は単純に積み重ねて片付けているという人に最適なのが本棚です。再度読みたい本を探しやすくなるうえに見た目も綺麗であり掃除もしやすくなるでしょう。

隙間も有効活用しよう

収納スペースが狭く、物を上手に整理整頓できない場合には隙間収納アイテムを使用しましょう。隙間を無駄遣いせずに、狭い部屋でも物をきれいに収納できます。

インテリア性の高いキャビネットコンソールに小物類を収納する

来客時には見られたくない物でも、使用頻度が高いという物も多いのではないでしょうか。キャビネットコンソールを使用すれば、頻繁に使用する様々な小物類もまとめて収納することが可能です。
また、来客が多い場合や生活感を消したい場合にはパーテーションのタイプのインテリア収納もおすすめです。来客時に部屋の中が見えないようにしたい場合や、リビングから和室が見えると生活感があるので気になるという場合には、パーテーションタイプのインテリア収納を置いて適度に視線を遮る方法も有効です。

和室に最適なタンスはマスト

細かな小物類や衣類、タオルまで様々な物を収納でき、和室に最適なデザインの収納アイテムとして欠かせないものがタンスです。タンスが1つあれば、引き出しごとに収納する物の種類を変えたり家族1人1人引き出しを分けたりといった方法でも活用できます。

棚やシェルフに飾って収納する

棚がついているインテリア収納であれば、細かな物を効率的に飾って収納することが可能です。趣味の物や写真を飾ったり、雑誌や小説を綺麗に並べてインテリアとして楽しんだりといった方法でも活用できます。

小物入れやケースも活用しよう

アクセサリーといった細かい物を無くさないように収納するためには、小さなボックスや小物入れも併用することが重要です。商品によってはガラスでできているものもあるため、気に入る収納アイテムを探してみましょう。

ケーブルをケーブルをまとめるための収納も大切

パソコンやテレビ周辺には、ケーブルが乱雑に置かれてホコリが蓄積しており、掃除しにくかったり火災の原因になりかねなかったりと危険な場合もあります。見た目にも清潔感がなく、ケーブル類をまとめてまとめたいと考える人にもも多いのではないでしょうか。その様な場合には、ケーブルやルーターを収納する専用のアイテムを使用しましょう。

収納アイテムの中を仕切って活用しよう

インテリア性の高い収納アイテムを購入したら、収納ボックスや引き出しの中を上手に使い分けことも重要です。手前には使用頻度の高い物を収納し、奥にはシーズンオフの衣類などを入れると使い勝手が良くなるでしょう。また、小さな物を収納したい場合には仕切りを使う方法も有効です。100円ショップで販売されているカゴやブックスタンド、仕切りケースを活用しましょう。特に、ホワイトでシンプルなデザインのものを使用することで、様々な収納アイテムに活用できるほか、おしゃれで清潔感のある印象も与えられます。重ねて収納しがちな衣類も、ブックスタンドを使って立てて収納することで取り出しやすく使い勝手が良いでしょう。

インテリア要素があるおしゃれな和室収納アイテム


和室の収納に最適なアイテムを4つ紹介します。

品のあるデザインがおしゃれ


引用:flymee.jp
3列引き出しのタンスに見えるアイテムですが、実際には繋がっており3段の引き出しであるが特徴です。湾曲状のデザインで、柔らかくおしゃれな印象を与えられる、インテリア性の高い収納アイテム。
脚の部分は細いのでスペースを広く見せる 効果が期待でき、品のある雰囲気を演出できます。大きなサイズのインテリア収納であるため、機能性が高いことが特徴です。本体はオーク材で作られているうえに仕上げは重ね塗りされた塗料と 職人が加工を施して風合いを演出しています。こだわりのデザインで、和室にも高級感な印象を与えられるでしょう。

存在感を抑えられるローチェスト


引用:rakuten.co.jp
格子のデザインが特徴の、おしゃれなチェストです。シックなデザインで、部屋に高級感のある印象を与えられます。デザインは細部までこだわって作られており、インテリア性の高さだけではなく機能面も充実していることが魅力です。ブラウンとナチュラルの2つのカラーバリエーションから選べる点もポイントで、和室に適度な存在感を与えられるロータイプであることもポイントです。

高級な印象を与えられるアイテム


引用:flymee.jp
素材にこだわりたい人に最適なインテリア収納です。真鍮のハンドルはアンティーク調に加工されており、細かな部分までお洒落な造りにこだわっています。和室に存在感のあるインテリア収納を取り入れたい人に最適です。

おしゃれなカラーが魅力の収納アイテム


引用:rakuten.co.jp
防湿防虫効果が期待できる、天然の桐を使った高品質なチェストです。素材の風合いを生かした造りになっており、美しさも感じられます。4種類のカラーバリエーションと3種類のサイズ展開をしているので、部屋のサイズに適したものを選べるでしょう。

和室にはおしゃれなインテリア収納を 取り入れよう


和室は畳や壁、天井、ふすまなど風合いに合う収納アイテムを購入することがポイントです。インテリア要素のあるおしゃれな収納アイテムをチェックして、和室に取り入れましょう。

関連記事