Home 収納生活 洋服をインテリアの様に収納する方法

洋服をインテリアの様に収納する方法

by kuramag
44 views

洋服はマフラーやベルト、ネクタイや帽子などの小物類や、ボリュームのあるコートなど様々な種類があるので、収納方法に迷っている人も多いのではないでしょうか。型崩れしたりシワができたりしないように、収納アイテムを活用してスペースを有効活用しながら収納することが重要です。そこで、スペースを有効活用しながら洋服を収納でき、自宅のインテリアにも馴染むシンプルな収納アイテムの選び方とおすすめの収納アイテムを紹介します。

収納する小物類や衣類に適したハンガー


洋服を収納する際には、ハンガー選びが非常に重要です。一口にハンガーといっても様々な種類があるので、それぞれの使用用途や特徴をチェックしておきましょう。

滑りにくい機能性ハンガーを使う

ブラウスやシャツ、襟の広い洋服は滑りやすく、ハンガーから落ちてしまうケースもありますが、滑り止めの機能が付いたハンガーや起毛素材で作られたハンガーであれば滑りにくく管理しやすいでしょう。ただし、セーターやT シャツといった襟元が狭い洋服は、型崩れを予防するために、通常のハンガーを使用することがポイントです。

ズボン専用のハンガーを使う

クリップハンガーを使用すると、収納スペースを用意することがデメリットです。ズボンを折りたたんだ状態で数本一緒に掛けられるハンガーであれば省スペースで収納でき、シワが付きにくいでしょう。ショートパンツやスカートといったボトムスはクリップハンガーを使用して収納する方法が有効です。

スーツをかけるハンガーを使う

スーツは形を綺麗に維持することが重要です。肩の部分に厚みがあるハンガーであれば、型崩れを予防してスッキリ収納できます。加えて、クリップが付いているとスカートやズボンをまとめてかけられるため便利です。

小物類をかけるためのハンガーを使う

縦のスペースを有効活用して使用できるハンガーは、バッグやアクセサリーなどをかけて使用できます。また、スカーフやネクタイをかけるためのハンガーやベルト専用のハンガーなど、小物類を収納するための専用ハンガーを活用すると非常に使い勝手が良いうえにスペースを要さずに収納することが可能です。収納空間が不足している場合には、可能な限り薄いタイプのハンガーを使用することで、収納量を上げることにつながります。

ハンガーの最適なサイズについて

洋服のサイズよりもハンガーの方が大きい場合や小さい場合は、スーツやジャケットを型崩れを起こしたりシワがついたりするうえに、ニットといった柔らかい素材の洋服はハンガーの跡がつくことが特徴です。基本的にハンガーのサイズは男性用は45cm、女性用38 cm 、一般的なもので40cmであり、デザインによっては性別を問わず使用できるので、自宅にあるハンガーの大きさを測ってみましょう。洋服の肩幅からジャケットといった厚手の洋服は3cm程度、シャツは2cm程度引いた大きさが最適なハンガーのサイズだといえます。

洋服は綺麗な状態で収納する方法


洋服を収納する前にメンテナンスをしてから収納方法を工夫することによって、洋服の型崩れや劣化を予防することが可能です。

スチームアイロンでシワを伸ばす

洋服をハンガーにかけた状態で使用できるスチームアイロンを活用し、シワを伸ばしてから収納する方法が有効です。さらに、洋服に染み込んだ臭いを消臭する効果も期待できます。

ブラシで汚れを落としてから収納する

スーツやコート、ジャケットといったアウターは、着用した後にブラシをかけ汚れやホコリを落とした状態で集合しましょう。クリーニングの頻度を減らすことも可能であり、洋服を長期間着用することにもつながります。

衣類カバーをつける

シーズンオフの洋服は、ハンガーにかけたうえで衣類カバーをかけましょう。ただし、クリーニングに出した衣類のビニールをかけた状態にしていると、ホコリが付着するため注意しなければなりません。通気性の良い、衣類を守るための専用の布カバーを使うことが重要です。

おしゃれな「見せる収納」で片付ける


チェストやクローゼットの他に、収納する場所を増やす方法として小物類を使う方法を紹介します。

ポールハンガーでメンテナンスをしながら収納

ジャケットやコートは、着用後すぐにクローゼットに収納するのではなく、1度ポールハンガーにかけた状態にしてゴミや湿気を取ってから収納すると良いでしょう。ポールハンガーは、来客時のコートをかけてもらう際にも便利活用できます。

ドアハンガーは小物のかけるのに最適

ドアの上に引っ掛けるタイプのハンガーであり、帽子や上着ネックレスといった小物類をかけて「見せる収納」をするのに最適です。使用頻度が高いアイテムをかけて使用すると、外出の際にコーディネートしやすいでしょう。

収納アイテムの中を仕切る

靴下や下着、ハンカチといった小物類を収納する際の収納ボックスや引き出しは、仕切りを使って小物類の種類ごとに分けて収納します。取り出しやすく収納しやすいため、非常に便利です。仕切りは収納ボックスや引き出しの高さに合うものを購入しましょう。

洋服をインテリアの様に飾れる収納アイテム


洋服をインテリアにしておしゃれに「見せる収納」をするためのアイテムを紹介します。

優しい木材の風合いが上品なワードローブ


引用:item.rakuten.co.jp/singlelife/
洋服をスムーズに出し入れしたいものの、自分が所有している洋服は来客時に見られたくないという人も多いのではないでしょうか。そのような場合には、カーテンが付いており側板のデザインが上品なワードローブがおすすめです。ワイエムワールドのワードローブは 最小129 CM、最大200 CM まで伸縮可能であり、設置するスペースや収納したい物に適したサイズに調整できることが魅力だといえます。さらに、調整する際には3箇所に付けてあるネジを締めたり緩めたりするだけで簡単に調整できるので力も必要なく、女性でも簡単に扱えるでしょう。

北欧デザインのおしゃれな洋服収納アイテム


引用:item.rakuten.co.jp/singlelife/
優しく上品な天然パイン材を取り入れた洋服収納アイテムであり、北欧風のデザインはインテリア要素も高いことが特徴です。奥行40 cm、幅が75cmとコンパクトなサイズであり、ワンルームでも圧迫感が無く使用しやすいでしょう。ハンガーラックには可動タイプの棚が設置されているうえに、ベルトやストールをかけて収納できるバーも設置されているため、スリムですが収納容量が多いことが特徴です。1つだけでも収納力が高く使い勝手が良いですが、2台並べて使用するとワイドクローゼットとして活用できます。

壁面をおしゃれに飾る収納アイテム


引用:item.rakuten.co.jp/kagudoki/
壁面にスペースがある場合には、壁面収納アイテムを使用すればオシャレであり、かつ空間を有効活用できます。部屋がお店のような雰囲気に変身することが魅力です。さらに、天井と床に突っ張って使用する収納アイテムであり、安全性も高いといえます。横幅は67 CM、高さは227から260 CM まで調整可能であるため、天井の高さに合わせて調整しましょう。

洋服はおしゃれに見せる収納をしよう


洋服やファッション小物は、インテリアの様に「見せる収納」をすると、片付くうえにおしゃれな雰囲気を演出できます。ハンガーを使う方法や収納前の手入れといった、洋服をきれいな状態で収納するためのコツも押さえて、収納アイテムを選びましょう。

関連記事