Home 収納生活 インテリア性を重視!収納ボックス活用法

インテリア性を重視!収納ボックス活用法

by kuramag
26 views

収納ボックスをインテリアのように飾って使用するためのコツや、他の収納アイテムとの組み合わせ方を紹介します。

収納ボックスをインテリアのように飾って使用する際の5つのポイント


置く場所や収納する物を明確にしら、実際に購入する収納ボックスを選びましょう。沢山販売されている商品のなかから、選ぶ際のポイントを紹介します。

手ごろな値段で購入できるか

日用品や小物類などを収納する場合には、たくさんの収納ボックスが必要です。リーズナブルな価格で物を収納したいと考えている場合には、100円ショップやホームセンターで販売されている収納ボックスを使用しましょう。インテリア性の高いデザインのものや、反対に他のインテリアに馴染むようシンプルなデザインのものを選ぶ必要があります。

オーダーメイドで作る方法

市販されている商品の中に自分のイメージに合う収納ボックスが無い場合には、オーダーメイドをする方法も有効です。もしくは、自分で作るといった方法もあるでしょう。ホームセンターで希望を伝えると材料を切ってもらえるので、セミオーダーをするような感覚で自分好みの収納ボックスを作れます。

引き出しの多さも重要

どのようなサイズのボックスを使うのかにもよりますが、小さなサイズのボックスを引き出しに入れて使う場合、そもそも引き出しが多くなければ物を収納できません。そのため、タンスやチェストを購入する際には可能な限り引き出しの数が多い商品を選びましょう。また、耐久性も意識して、長期間使用できるかどうかもチェックすることが重要です。

収納ボックスをインテリアのように飾って使用する収納方法

収納方法には、隠す収納と見せる収納の2種類があります。収納する物の種類によって、単純に隠してしまうだけではなく見せる収納としてディスプレイするのも良いでしょう。それぞれ、どのような物が見せる収納と隠す収納に適しているのかを判断することも重要です。見せる収納をしたいのであれば、おしゃれな食器や時計、ぬいぐるみ、写真などが挙げられます。見せる収納をする際には、収納ボックスの上や、ボックスを配置する棚の上に見せる収納をする場合は同じカラーや素材で統一すること、均等に並べることがポイントです。収納スペースが不足しているのであれば、壁にかけて飾るといった方法もあります。全て隠すことで生活感をなくせますが、見せる収納すればおしゃれな印象になるでしょう。
また、見せる収納することで収納空間が狭い場所であっても収納スペースを広げられるメリットもあります。インテリアショップのディスプレイをチェックして、参考にする方法も良いでしょう。
隠す収納は、日用品や消耗品といった生活感が出やすい物や日用品や食品のストックやカラー、素材に統一感がない小物類などが挙げられます。隠す際にはボックスの中に入れて収納したり、引き出しのついたチェスト、タンスに収納することが一般的です。

収納ボックスをインテリアのように飾って使用するコツについて


せっかく収納ボックスをインテリアのように飾っても、使いこなせなければ意味がありません。そこで、収納ボックスを活用するコツを紹介します。

家族がいて物が多い場合の収納のコツ

家族がいる場合、物が多く収納スペースに整理整頓できないといったケースも多いです。そのため、インテリア性の高い収納ボックスを使って、いくつかのコツを押さえた収納方法を実践しましょう。
まずは、すべての物を収納できるボックスを用意することから始めます。家族の人数が多く、特にリビングについては様々な物が散らかりやすい場所であるため、収納場所を確保することが重要です。収納ボックスを積み重ねる方法が有効ですが、圧迫が出るため腰までの高さで統一すると良いでしょう。ただし、物をすべて収納する場合、空間のほとんどを収納ボックスが占めてしまうといったことにならないよう、隠す収納と見せる収納をする物をそれぞれ分けておくことが大切重要です。

子供が居る場合の収納のコツ

子供がいる場合は、おもちゃがリビングや子供部屋に散らかってしまう場合も多いでしょう。様々な箇所に分けて収納すると整理整頓されていない印象を与えてしまうため、おもちゃは 1つの収納ボックスにまとめることがポイントです。収納ボックスを置く場所を決めておくことによって、急な来客時にも片付けやすくなるでしょう。

物を使う場所について

リビングについては個人の物を持ち込まないことも重要です。共有スペースであるため、個人の物を持ち込むとすぐに散らかってしまいます。そのため、基本的には自分の物は自分の部屋のみで使用し、どうしてもリビングに置いておかなければならない場合には専用の収納ボックスを用意しましょう。

収納ボックス活用方法


収納ボックスをインテリアのように飾って使用する、おしゃれな収納ボックスを活用するためにはどのような商品を購入すべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、人気のある収納ボックスのデザインを参考にしてイメージを固めましょう。

飾る収納も隠す収納もできるシックなチェスト


引用:item.rakuten.co.jp/mminterior/
小さな物を収納できる引き出しが付いており、小物類を収納したり家族の物を分けて収納したりするのも良いでしょう。コーナー部分には収納する物に合わせて購入した収納ボックスを入れることで隠す収納ができ、ボックスを入れない場合は見せる収納も可能です。

見せる収納にも最適なミニチェスト


引用:rakuten.ne.jp/gold/ninerock/
シンプルなデザインで収納ボックスが収まるように作られているので、見せる収納と隠す収納を自分好みに調整できます。既に所有している雑貨や棚に合わせて使用するのも良いでしょう。引き出しの部分は透明であるため、写真やコレクションしている物を飾って収納するのに最適です。仕切り板も透明であり清潔感のある印象を与えられます。

洋服と収納ボックスを上段にしまえるラック


引用:item.rakuten.co.jp/singlelife/
収納ボックスは使用頻度の低い物をまとめて収納するのにも最適です。ワードローブを使い、上段に収納ボックスを置くようにして使用頻度の低い物やシーズンオフのファッションアイテムなどを収納しましょう。ワードローブは幅を調整可能であり、下の段にはハンガーラックが付いているので洋服にまとめて収納できます。ハンガーラックが付いていない場所には収納ボックスを重ねておくのも良いでしょう。見た目は華奢ですが、天井と床に突っ張り棒で固定するので倒れにくく、安全に使用できることもポイントです。

収納ボックスをインテリアのように飾って使用しておしゃれな空間作りを


収納ボックスに物を収納する際には、いくつかのポイントを押さえて整理整頓することが大切です。特に家族や子供がおり、物が多い場合には、単純に物を収納するだけではなく、どのように整理すべきなのか、どこに収納ボックスを置くのかを検討する必要があります。
収納ボックスをインテリアのように飾って使用すれば、単純に物を収納するだけではなく部屋の雰囲気作りにもつながります。収納ボックスをそのまま積み重ねたり単体で使用したりする方法も有効ですが、収納ボックスと他の収納アイテムを組み合わせることでスッキリとしたまとまりのある空間を作れるでしょう。

関連記事