クローゼットを整理整頓していても、空間を有効活用しきれていないことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。特に、クローゼットは奥行を有効活用することが大切です。スムーズかつきれいに整理整頓するためには、収納アイテムが欠かせません。
そこで、奥行きを活用するのに最適なタンスを使った収納方法を紹介します。整理整頓するための準備や、物の整理整頓のコツを見ていきましょう。

必要ない物を捨てることから始めよう


クローゼットの中で、特に整理整頓するのが難しい物が洋服です。洋服にはトレンドがあるうえに、自分のスタイルに変化があったり、年齢ごとに洋服の好みや似合うデザインも変わります。さらに、クローゼットに洋服を収納しすぎると、着用したい服を出し入れしにくいうえに、シワが付くことにも注意が必要です。
そのため、着用する服だけを残して、不要な服を処分し、物を取り出しやすいように工夫しましょう。不要な服を処分するためには、最初にどの程度の量の服を所有しているのかを明確にします。次に、同じようなデザインの服がないか、サイズやトレンド、1年以上着用していないものなど、自分で基準を設けて処分する方法が有効です。

洋服の収納に便利なアイテムを使う


洋服を出し入れする際に、洋服がハンガーから滑り落ちてしまうことがあります。針金やプラスチック製のハンガーを使用すると、洋服の素材によっては非常に片づけにくいので注意が必要です。スムーズに片づけるためにも、滑らないように工夫されたハンガーや、起毛素材を使ったハンガーなどアイデア商品を活用しましょう。

ハンガーの色やデザインの種類について

クローゼット内の洋服を整理整頓する際には、ハンガーの種類を統一することがポイントです。デザインやカラーの異なるハンガーを使うと、見た目がすっきりしないだけではなく、並び方が乱雑になり出し入れしにくくなるので注意しましょう。

子どもの物を収納する際のポイント

子どもの洋服を収納する際には、子どもの手が届く高さを意識しましょう。タンスの下の段には着用頻度が高い洋服を収納しておけば、子どもが自分で洋服を取り出せます。手が届きにくい上の段には、衣替えをした後のシーズンオフの洋服を収納する方法がおすすめです。また、ハンガーにかけると繊維が伸びてしまうセーターや、お気に入りの洋服についても、畳んで収納することで長期間きれいな状態で着用できます。子どものアウターを畳んで収納しにくい場合、クローゼットの扉の裏側にフックを付けて、フックに欠けるようにして収納する方法もおすすめです。

クローゼットの下にはタンスを活用


クローゼットの下は、同じデザインのタンスや引き出しタイプの収納ボックスを使用することで統一感を出す方法がおすすめです。様々な種類の収納アイテムを使用するよりも、まとまりのある印象になるでしょう。収納する物の量に合わせて、タンスを並べます。家族の人数分置くことで、1人1人の物をまとめて収納することが可能です。また、4つ使用すれば季節ごとの服を分けて収納できるので、衣替えの手間が省けます。タンスを使った収納のコツは、引き出しの中に収納した物を出し入れしやすいように整理整頓することです。元々仕切りが付いているタンスや、1つ1つの引き出しが小さなタンスであれば良いですが、仕切りがない場合にはブックスタンを使用しましょう。タンスの引き出しにブックスタンドを入れ、衣服を畳んで立てて収納する方法がおすすめです。すき間を作らずに引き出しの中を活用できるだけではなく、重ねて収納するよりも出し入れしやすくなります。

クローゼットには透明の収納アイテムがおすすめ


クローゼットの中に入れて使用する収納アイテムは、カラーを統一したりフタが付いている収納ボックスで揃えたりしても、何をどこに収納しているのか確認しにくいと、探す際に時間がかかります。物を探している際に、散らかしてしまうケースもあるでしょう。
そのため、中身を確認できる透明な収納アイテムを使用することが大切です。中に収納している物を一目で確認でき、物を探す時間を短縮できます。特に、日ごろ使用しない物はどこに収納したのか忘れることが多いため、透明の収納アイテムを活用して片づけましょう。
どこに物を収納しているのか確認しやすければ、出し入れもスムーズに行えます。また、キャスターが付いたタンスを使うと、掃除をする時や衣替えをする時にタンスごと移動させられるので非常に便利です。

おすすめのプラスチック製タンス


クローゼットの中で活用できる、シンプルで使い勝手を重視した造りのタンスを紹介します。

サンカ(SANKA) リビング チェスト 3段 ライトグレー


引用:amazon.co.jp
組み立てが必要ですが、工具を使わずに組み立てられるうえに所要時間はおよそ15分程度でできるので、DIYが苦手な人でも問題なく組み立てられるでしょう。中身は隠す収納ができるデザインであり、マットなカラーが特徴で、落ち着いた雰囲気のデザインであることもが魅力です。引き出しは軽量で出し入れしやすい構造になっています。
さらに、足の部分には滑り止めシートが付いているので、引き出しを開け閉めした際にも本体は安定した状態になり、使いやすいことが特徴です。サイズは幅26×奥行36.2×深さ16.5cm、収納容量の目安は引き出し1つにつき衣服は3~5枚、大きめのバスタオルは3枚が目安です。

リビングワイドチェスト 3段 1個入り LW-603WH


引用:amazon.co.jp
商品のサイズは幅61×奥行き40.5×高さ665cm、引出し内寸は幅52×奥行き35.5×高さ16.5cmであり、クローゼットの下の部分を有効活用できます。奥行きも十分にあるので、洋服や日用品など様々な物を収納できるでしょう。天板の部分にこだわって作られているので、正面から見ても上から見ても質感が良いことが特徴です。クローゼットの中だけではなく、リビングや自室に置いてもインテリアに馴染みやすいでしょう。完成品として届くので組み立ては必要なく、すぐに使えることが便利なポイントです。

クローゼットの奥行きを活用するコツ


奥行きがあるクローゼットは、取り付けてあるハンガーポールだけではなく、奥の部分にももう1本自分でボールを追加する方法が有効です。衣替えをした後のシーズンオフの服や、使用頻度が低い服を収納するのに便利です。
もともと備え付けられているハンガーポールには、シワがつきやすいワンピースやワイシャツを収納します。クローゼットの奥の部分には、突っ張り棒にS 字フックをかけて、バッグや帽子といった形が潰れやすいものを収納するのも良いでしょう。クローゼットの奥の空間には小さいバッグや帽子を掛けることで、コーディネートをする際に選びやすく出し入れしやすいことがメリットです。限られたクローゼットの空間の奥行きを使うことによって、新しい収納空間を作れます。

タンスの引き出しは上・中・下で分類する


クローゼットの中にタンスを入れた場合、上の段、真ん中の段、下の段に収納する物を分けることによって、中に収納した物を出し入れしやすく整理しやすいことが特徴です。出し入れしやすい真ん中の段には頻繁に使用する物を、下の段や上の段にはあまり使用しない物を収納すると使いやすいでしょう。

タンスを活用して収納容量を増やそう


一人暮らしの人やワンルームに住んでいる場合、クローゼットといった収納がない場合でも、タンスをいくつか並べて活用すればクローゼットと同等の収納スペースを確保できます。タンスを使ったクローゼットの収納方法のポイントを押さえて、デッドスペースを活用し、扉を開けた際にすっきりとまとまりのある空間を作りましょう。