クローゼットにもともと付いているハンガーポールや棚だけでは、大まかにクローゼットの空間が仕切られているだけであり、使い勝手が悪いと感じている人も多いのではないでしょうか。収納アイテムを使って整理整頓するといった方法も有効ですが、DIYをすることで、リーズナブルかつ簡単に収納棚を追加することが可能です。そこで、クローゼットの内部に棚を作る方法と、クローゼットの収納のポイントを紹介します。

クローゼットの整理整頓のコツ


現代では、洋室が増えていることによって、押入れではなくクローゼットに物を収納するというケースが多いです。ウォークインクローゼットといった、大きなタイプのクローゼットも人気を集めています。クローゼットは空間が大きく、仕切りがついていないため自分好みに物を収納できることがメリットです。
しかし、空間が大きいため、どのように物を整頓・収納すれば良いのか分からず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。まずは、クローゼットの内部をきれいに整理整頓するためのコツからチェックしておきましょう。

クローゼットをきれいに整理整頓するための基本項目

クローゼットは、ハンガーポールや収納棚が設置されているケースが一般的です。クローゼット内部は1畳程度が多いですが、部屋の広さや間取りごとで若干クローゼットの大きさは異なります。ただし、高さについては天井までと、どのような自宅でも大きな差はないでしょう。
一部屋をクローゼットにしているウォークインクローゼットタイプも人気があり、クローゼットの中を人が歩けるほどの広さで収納力が非常に高く、「ウォークインクローゼットが強みである」といった 不動産も非常に多いです。
クローゼットは、基本的にハンガーポールにシャツやジャケット、ボトムス、ワンピースをかけて、下の部分に収納ボックスやチェストを入れて使います。ハンガーポールの上にある棚に、収納ボックスや使用頻度が低い物を置くケースが多いです。

クローゼットの下の段に収納ボックスを置くことがポイント

ハンガーポールにかけた服から、数センチ隙間が開く程度のサイズの収納アイテムを使うことがおすすめです。収納アイテムに服の裾がついてしまうと、服にシワがついたり傷んだりする場合があるので注意しなければなりません。有効活用できていない空間を上手に使うことが大切ですが、衣服をきれいな状態で収納することも忘れないようにしましょう。
1つ1つのボックスに分かれている収納アイテムは、クローゼットの奥行きのサイズや収納する物に適したサイズのボックスを選べます。衣替えの際に使用する場合には大きなサイズの収納ボックス、使用頻度が高い物を収納するのであれば出し入れしやすい、高さのない収納ボックスが良いでしょう。
1つ1つを分解できる収納ボックスであれば、引っ越しをした後にクローゼット内部の空間の大きさが変わったり、収納する物に変化があった場合にも対応できることがメリットです。

空間に余裕がある場合にはチェストを利用する


クローゼットの空間に余裕があり、デッドスペースがある場合には、チェストを入れる方法も有効です。クローゼットの中にチェストや元々所有していたタンスを入れることによって、居住空間を広く使うことにつながります。
ウォークインクローゼットといった大きなクローゼットであればタンスやチェストを2つ以上収納しても、空間に余裕が生まれるでしょう。シンプルなデザインのチェストやタンスを利用すれば、空間が整理整頓された印象になります。

クローゼットの上の棚は軽めの収納アイテムを活用する

ハンガーポールの上の部分にある棚には、日頃使用しない物や使用頻度が低い物を収納しておくことがおすすめです。シーズンオフの洋服やバッグ、帽子などを収納ボックスに入れた状態で置いておきましょう。
クローゼットの棚は天井付近にあるので、物や収納ボックスを出し入れするのに手間がかかります。さらに、収納ボックスは紙や布など、軽量なものを選ぶことがポイントです。重い収納ボックスを使用すると持ち上げたり取り出したりする際に不便であり、落下した際に怪我をする場合もあるので注意しましょう。収納ボックスを利用する際には、1つだけではなく数個揃えて使うことで、スムーズに物を分類して収納できます。
さらに、デザインや素材、カラーなどを同じもので揃えることによって、まとまりがあり、片付いた印象になるでしょう。上の棚に置いてある収納ボックスは目に入りにくいものですが、クローゼットの扉を開けた瞬間の印象が変わります。

クローゼットの棚をDIYして収納力をあげよう


クローゼットの収納棚は自分で増やせないものであり、現在あるハンガーポールや棚で物を整理整頓しなければならないと考えている人が多いでしょう。しかし、ホームセンターで板を購入してDIYしたり、棚板の位置を交換したりすることも可能です。そこで、クローゼット内部の棚をDIYして増やすための方法を紹介します。

クローゼット内部のサイズを確認して板を買う

最初に、どの程度の大きさの棚をDIYしたいのかを確認します。元々クローゼットについている板のサイズを計測することによって、簡単にサイズを確認できるでしょう。板の厚みは1.5 cm以上のものが理想です。薄い板はリーズナブルな価格で販売されていますが、変形しやすいためすぐに使用できない状態になる可能性があります。
サイズを測ったら、ホームセンターやインターネット通販で板を購入ししましょう。多くのホームセンターでは数百円程度の追加料金を払うことで、板を切断してくれます。ホームセンターが家の近くにないのであれば、インターネット通販でも板を購入でき、ショップによって異なりますが、基本的には購入時にはオーダーすれば切断してもらうことが可能です。

棚受けも忘れずに購入する

棚板をDIYする際に、板を置くための棚受けを購入するのを忘れないようにしましょう。棚受けのサイズを計測するのも良いですが、正しいサイズのものを購入するためには現在使用している棚受けをホームセンターに持参し、同じ商品を購入するとスムーズです。
店頭ではサイズ表が用意されていますが、わからない場合にはスタッフに聞いて正しいサイズのものを購入する必要があります。棚板や棚受けは、サイズが数mm違うだけでも安定しなかったり使えなかったりするので注意が必要です。

棚受け用の穴がついていない場合の対処方法

クローゼット内に、棚受けを設置する為の穴が開いていないケースもあります。そのような場合には、棚板に脚をつけなければなりません。欲しい棚の高さに合わせて、クローゼットの左右に両面テープを付けて脚になる板を貼り、上から棚板を置きましょう。棚板を切断してもらった際に出た、小さなサイズの不要な木材を再利用するのもおすすめです。

クローゼットの棚は簡単に追加できる


クローゼットの空間が有効活用できていないと感じる場合、思い切って棚を増やす方法がおすすめです。棚板を作る際に重要なことは、サイズはミリ単位でしっかりと計測すること、棚板は1.5 cm以上の丈夫なものを使用すること、棚受けはお店で正確なサイズのものを購入することです。
簡単な方法で、工具を使わずに簡単に棚をDIYできます。クローゼットの空間を有効活用するためにも、クローゼットの棚の追加を検討しましょう。